ITC・ケース研修:京都コースのご案内!

コンセプト インストラクション 京都コース内容 受講生の声 インストラクタ紹介



まずは、京都コースのコンセプトについてお話します!

京都コースのコンセプト

実践力を身につけて頂く 密なコミュニケーションを図る 仲間同士で切磋琢磨する 京都コースの研修風景 私のインストラクションの 特長をお話しします!

私は、次の視点で講義をします!

変革認識・経営戦略フェーズ IT戦略策定フェーズ IT調達・導入フェーズ ケース研修:京都コースの 実施要項をお知らせします!

京都コースの実施要項

日時

<京都【京都市】週末2-1>
平成29年7月16日(土)・29日(土)・30日(土)8月19日(土)・20日(土)、9月2日(土)
※時間は全て、9時30分~18時00分

定員 8名(少人数でじっくり学んでいただけます)最低開催人数2人
個別コース

京都コースでは、同じ会社や友人同士で3名以上集まれば、
個別コースを設定できます。
これは、ITC協会が設定しているコースとは別コースとなり、
日程を自由に設定できます。
詳しくはお問合せください。

費用

1名 216,000円(税込)

申込と締切

申込み開始:平成29年3月13日(月)

申込み締切:平成29年5月19日(金)

研修場所

有限会社ダイコンサルティング 研修室
京都市中京区室町蛸薬師西入パラドール烏丸ビル5F
地図はこちら

申込方法

ITC協会のHPよりお申込みください(申し込みは3月13日からです)。
(お申込みバナーをクリックして頂いても結構です)
ケース研修募集要項はこちら
※京都コースには、東京、大阪、神戸、滋賀、岡山など、 遠方から参加される方も
多くおられます。遠方の方の場合、ホテル予約もさせて頂きますので、
お気軽にお申し付けください。

ケース研修京都コースを受講された方には、PDFをプレゼント!

中小企業のためのIT経営マニュアルシリーズ
ITを活用した経営・業務改革の進め方

IT(業務システム)を活用した、
経営改革・業務改革を実践する、
中小企業の経営者の方へ!


・中小企業でもできる経営戦略策定法!
・IT経営計画書の作り方
・業務改革の為の業務フロー作り
・IT化企画書及びRFPの作成法
・システム導入から運用、効果確認まで!



本マニュアルは、中小製造業の事例を使っていますが、
他の業種の方でも大いに参考になります。

IT経営コンサルタント
坂田岳史 著

お申し込みはこちら お申し込みはこちら お問い合わせはこちら 最後に、ケース研修京都コースを 受講された方々の声を お届けします!

ケース研修京都コース受講者の方の声

【平成25年度:第2期受講生】株式会社KYOSO 中山  将志様  机上の研修だけでなく、ケースを通じて実際にITCの活動を体験できる とても実践的な内容でした。研修での学びを活かしこれまでとは質の違う 提案ができるようになり、早くも成長を感じています! 【平成25年度:第3期受講生】株式会社武田 内田 豊様  単にITCのフレームワークを教わるだけでなく、坂田先生のご経験に 裏打ちされた落としどころまで学べて、今後に活かしていきやすいと思います。 【平成26年度:第1期受講生】 ITベンダー勤務 高橋 克成様  もともと、開発を行っていましたが、現在は開発スキルを生かした提案型営業を行っています。 ただ、最近は開発経験だけでは、ユーザーの心をつかむことができないと考えるようになっていました。 そこで、行き当たったのがITCの資格でした。単に試験勉強だけではなく、ケース研修を通して 業務改善のプロセスがしっかり学べました。 また、坂田先生のご経験もとても参考になり、よりいっそう深く理解でいたと思います。 【平成26年度:第1期受講生】 ITアドバイザー  高橋 磨(東京勤務)
ユーザー企業システム部門でディレクションを経験していたので、システム導入企画や日常運用については体験はしていましたが、その体験を体系的に知識化して活用できるようにしたいと考え、ITC資格の取得を始めました。
私は関東の人間ですが、企業の社会的責任の原点は「一時の規模よりもその持続的な発展にある」と考えており、その意味で歴史を重んじる文化を持つ街「京都」での受講を選択しました。
受講してみて、体験を体系的に整理して知識化する道筋ができました。 また、坂田先生の御体験を織り交ぜた講義は大変参考になり、京都での受講は間違ってなかったと思いました。 【【平成26年度:第2期受講生】乾 竜夫様
中小企業診断士として独立開業したのを機にITC資格の取得を目指しました。前職のITベンダー勤務時には必要性をあまり感じなかったのですが、IT経営コンサルタントとして、中小企業のIT化の支援をするためには、よりユーザー視点に立つ必要性を感じたからでした。
京都コースでは、ITCのフレームワークを体系的に学べるだけでなく、坂田先生の豊富な経験に裏打ちされた実践的なノウハウもたくさん伝授していただけます。IT経営コンサルタントとして、今後の活動の基盤をつくることができたと思います。
 【平成27年度:第1期受講生】 株式会社KYOSO 原戸 亮介様
今迄実践で得てきたIT知識、及び営業経験を今回の研修を受講することにより、体系的に整理することが出来、より実践に活かせるスキルに昇華できたと実感しました。また坂田先生の講義も具体的で非常に理解しやすい内容で、短期間ですが講義毎の充実度が高い為、効率的に知識を得られる事が出来ました。今後はITCの知識を活かし、より一層お客様への提案を積極的に行っていきたいと思います。

メインインストラクタ紹介!

IT経営成功企業コンサルの実績から、
他のコースでは聞けない実践的コンサル知識やノウハウをお話しします!

坂田 岳史 = Sakata Takeshi =

ITコーディネータ/ITストラテジスト/中小企業診断士
有限会社ダイコンサルティング 代表取締役
京都IT経営支援ネットワーク 代表
京都府中小企業診断協会 副会長

2001年からケース研修インストラクタを務め、多くのITCを輩出。
また、IT経営コンサルタントとして中堅・中小企業のIT活用指導の実績多数。IT経営力大賞では指導先が、最優秀賞、優秀賞を受賞するなどIT経営指導力は全国でも屈指。

また、年間50回以上、IT経営関連セミナー、研修会、講演をこなす傍ら、書籍や雑誌の執筆も多数行う。

詳しいプロフィールはこちら

最後までご覧頂き、ありがとうございました。 それでは、ケース研修京都コースでお会いしましょう。 お待ちしております! お申し込みはこちら お申し込みはこちら お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る